お金の知識

【損しない為に】米国株投資で「円貨決済」「外貨決済」どっちがオトク?

米国株をはじめ、海外の株式に投資する時は

  • 「円貨決済」
  • 「外貨決済」

のいずれかを選ぶことが多いです。

チックちゃん
チックちゃん
一体何が違うの?

と思う方もたくさんいらっしゃると思います。

事実私ヤシロも、当初どうすればいいかわからず悩みまくってました。。

今回は同じような悩みを持つあなたへ、ヤシロが調べた限りのメリットデメリットを紹介いたします。

これを見れば、外国株を買う際の決済方法にもう悩むことはありません!!!

円貨決済と外貨決済 それぞれの特徴

円貨決済と外貨決済(ここでは一例として米国株とドルについて説明します)のそれぞれの特徴について解説していきます。

チックちゃん
チックちゃん
違いがよくわかんないよ。。

 

ヤシロくん
ヤシロくん

自分の立場に置き換えたら、よくわかるで。

例えばチックちゃんがハワイに行きました。
お土産屋でマカダミアナッツを

  • 「1万円で買う」のが円貨決済
  • 「50ドルで買う」のが外貨決済

ってことや。

チックちゃん
チックちゃん
なるほどね。でも1万円=50ドルってかなりぼったくりじゃない?

 

ヤシロくん
ヤシロくん

これは極端な例にしたけど、あながち嘘やないで。

じゃあお店の立場に立ってみようか。
チックちゃんがハワイのお土産屋さんやったとして、「円」と「ドル」もらってうれしいのはどっちや?

チックちゃん
チックちゃん
そりゃ、ハワイで暮らしてるから「ドル」がいいよね

 

ヤシロくん
ヤシロくん

そうや。「円」でもらっても仕入れとかを「ドル」でやっとるから「円⇒ドル」をお土産屋さんがやらなあかん。その分の手間賃が発生するわけや。

レートが悪くなるのも当然やな。

チックちゃん
チックちゃん
なるほど。安く買うには自分で「ドル」を用意すればいいんだね。
ヤシロくん
ヤシロくん
そうや。まとめるとこうやで。
円貨決済

手間は少ないが手数料が高い

外貨決済

手間はかかるが手数料が安い

※手数料はSBI証券での条件です。

外貨決済をするには、「住信SBIネット銀行」で外貨を購入し、それをSBI証券の口座へ入金する必要がありますが、1~2分程度で終わります。

ヤシロくん
ヤシロくん
ただ、自動積立とかにしたら手間もかからんし、外貨決済がオトクやで!

為替リスクについて

チックちゃん
チックちゃん
上の表の為替リスクって何?

って方に、ちょっと解説です。

「円貨決済」の場合、ドルを購入するタイミングは、発注翌日のAM10:00です。
その間に円安に進んだら、レートが動いた分損することになります。

対して「外貨決済」用に積み立てでドルを購入していた場合、
円安時は少なく円高時は多く購入する「ドルコスト平均法」で購入レートを低く抑えることができ、結果リスクを回避(ヘッジ)しやすいのです。

まとめ

円貨決済と外貨決済の違い、お分かりいただけたでしょうか?
まとめると、

円貨決済

手間は少ないが手数料が高い

外貨決済

手間はかかるが手数料が安い

という事になります。

実際私ヤシロは外貨を定期で積み立てているため、ほぼ手間なく外貨決済ができています。

皆さんも、SBI証券でオトクに米国株を購入してみませんか?

\ランキングに参加中/

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
yashiro
30代半ばの子持ちサラリーマンです。 仕事はそこそこ 各種生活の知恵などは自信ありの筆者です。 同じ30代の皆様に送る 節約系お役立ちサイトを立ち上げ いろんな情報を共有できればと思い、開設しました。 貯蓄 投資 節約術 など、 管理人が「これは!」と思ったネタを各種提供していきます!! ページ上部の「自己紹介」に、ブログ名の由来なども含めた 経歴を載せているので、そちらもぜひご覧ください Twitter(@yashiroHighness) インスタ(@yashiro.highness)もよろしくお願いします。