お金

PSA(プジョー)とFCA(フィアット)の合併|業界への影響を簡単解説 日産も関係する?

自動車に詳しい人なら、関心が深い

そうでない人も聞いたことがあるかもしれない、

「プジョー」グループと「フィアット」グループの合併話について、車業界の中の人であるヤシロが、簡単にわかりやすく解説していきます。

ヤシロくん
ヤシロくん
解説もやけど、今後の展望も予想を交えて書いてくで♪

PSAとFCAの合併話の概要

2019年の年末に、このようなニュースが飛び込んできました。

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)とPSAグループは12月18日、対等合併することで正式に合意した、と発表した。両社のトップが、覚書を交わしている。

両社の対等合併によって、世界新車販売台数は、年間およそ870万台になる。フォルクスワーゲングループ、ルノー日産三菱アライアンス、トヨタグループに次いで、世界第4位の自動車グループが誕生する。

(出典:Response)

要はでっかい自動車グループ同士が合併して、よりでっかいグループになったってことです。

販売台数ランキング PSA FCA
チックちゃん
チックちゃん
そもそもPSAとFCAってなんなのさ?

って人のために、軽く両社の説明から入りましょう。

PSAグループって? 代表メーカーは?

グループPSA(Groupe PSA、旧社名PSA・プジョーシトロエン、PSA Peugeot Citroën)は、プジョー、シトロエン、DS、オペル、ボクスホールブランドで自動車の製造・販売を行っているフランスの多国籍企業。社名のPSAは「プジョー株式会社(Peugeot Société Anonyme)」の頭文字である。 (Wikipedia)

PSAで検索すると、Wikiに上のような解説がでてきます。

要はいろんな自動車会社のグループってことです。名前の挙がったメーカー同士の関係はこんな感じです。

このグループの強み/弱みは以下のとおりです。

PSAの強み
  • 欧州での抜群の存在感
  • 世界トップクラスの収益性
  • 環境対策技術の高さ
PSAの弱み
  • 欧州以外での存在感のなさ
チックちゃん
チックちゃん
たしかに、たまーーーにしかみないね。この辺の車は

FCAグループって? 代表メーカーは?

2009年1月、フィアットは経営不振に陥っていたクライスラーへの資本参加を発表[6]、2014年1月にフィアットがクライスラーの株式を買収し完全子会社化することを発表[7]、同年10月12日に持株会社フィアット・クライスラー・オートモービルズが設立された。 (Wikipedia)

同様にFCAと検索すると、Wiki上にこのように書いてあります。その名のとおり、「フィアット」と「クライスラー」の合弁会社なのですが、傘下には色々と聞いたことのある会社があります。以下の表を見てください。

チックちゃん
チックちゃん
ジープってメーカーの名前なんだね。。確かに見たことある。

このように、「一度は聞いたことがあるかも」というややクセの強い(個人の感想です)メーカー同士のグループです。

ここの強み/弱みは

FCAの強み
  • 北米・中南米での抜群の存在感
  • SUV・ピックアップトラックの強力なラインナップ
  • 高級ブランドの経験
FCAの弱み
  • 欧州における収益の低さ

PSAとFCAの合併効果

PSAとFCAの関係は

  • PSAは欧州は強いが、それ以外が弱い
  • FCAは北米・中南米に強いが、欧州で弱い

というように、見事に強みと弱みが真逆になっています。両社が手を組めば、バランスのいい世界中での販売網が手に入ります。

またPSAは小型~中型車、FCAはSUV等大型車に強みを持っているということもあり、製品ラインナップにおいても、すべてのセグメント(車種)を網羅できる体制になります。

規模も大体同じくらいの両社ですので、今回の合併は50:50の対等な合併となります。

  • 出資比率も同じ
  • 本社を両社本拠地のどちらでもないオランダ
  • 会長をFCAから、社長はPSAから

というように、遺恨を残さぬよう両社に配慮した合併となります。

両社がそれぞれの工場などの資産を生かすことで、約37億ユーロ(4500億円)程度の経費削減ができるとの見通しになっています。

PSAとFCAの今後の見通しと影響(ヤシロ私見)

ここからは、車関係の会社にいるヤシロの私見から、今後の展望と予測される動きについて解説していきます。

実はFCAはPSAに合併を持ちかける4ヶ月ほど前に、ルノーに合併を打診していました。

ルノーといえば、日産と三菱と連合を組んでいるメーカーで、グループ全体で世界2位の巨大グループです。

しかしこの話は、ルノーの大株主であるフランス政府が口をはさんで白紙となりました(参考記事)。

ルノーもまた欧州に強い存在感のあるメーカーですので、FCAの狙いにドンピシャだったのですが、振られてしまいます。

がすぐに気を取り直してPSAというパートナーを選んで、幸せな協力体制を確立します。

一方のルノーはというと、パートナーの日産元会長カルロス・ゴーン氏(元ルノーの人)の国外逃亡などでゴダゴダしており、一説には提携解消との声もささやかれています。

上の記事では「提携解消はデマ」という体裁ですが、実際は提携解消も近いんではないか?と個人的にはにらんでいます。

となると、ルノーは単体となってしまい急激に力を落としてしまいます。

どんどん巨大グループができていく自動車業界において、単体で生き残るのは至難の業です。必ずどこかのグループに行きつくことが予想されます。

企業規模・強み・弱みを勘案すると、FCA/PSAグループとタッグを組む可能性が高いです。一度振った立場ですが、下手に出て協力を仰ぐのではないでしょうか。

もしそれができれば、ルノーの世界販売台数が388万台ですので、圧倒的な1位となる巨大グループになります。

残された日産は。。。少し危うい運命をたどるかもしれませんね。

俗に売り上げ台数首位となったメーカーには、

どこかしらから「規制」の嫌がらせが起こる

なんていう都市伝説もあります。2位以下を200万台ほど引き離す1位となれば、各国の嫌がらせ(w)は激しいものとなるでしょう。そらが気がかりですねw

\ランキングに参加中/

PVアクセスランキング にほんブログ村

ABOUT ME
yashiro
30代半ばの子持ちサラリーマンです。 仕事はそこそこ 各種生活の知恵などは自信ありの筆者です。 同じ30代の皆様に送る 節約系お役立ちサイトを立ち上げ いろんな情報を共有できればと思い、開設しました。 貯蓄 投資 節約術 など、 管理人が「これは!」と思ったネタを各種提供していきます!! ページ上部の「自己紹介」に、ブログ名の由来なども含めた 経歴を載せているので、そちらもぜひご覧ください Twitter(@yashiroHighness) インスタ(@yashiro.highness)もよろしくお願いします。